ダイビングの始め方

【1人ぼっちで何してる?】ダイビング以外の快適な過ごし方を解説【6選】

kazu(かず)

こんにちは。「プロのぼっちダイバー」kazu(@kazu_anemone12)です。

  • ダイビング旅行中、海に潜る以外は何してるの?
  • 1人旅行は何していいかわからない…
  • 1人旅行中の楽しみ方を教えてほしい!

特に遠征先(沖縄や海外など)へ、1人ダイビングしたことない方は「ダイビング以外、1人で何すればいいの?」と疑問を感じるかと思います。

そこで、今回の記事を読むことで以下のことがわかりますよ。

この記事でわかること
  • 1人旅行の楽しみ方
  • ダイビング後のチル(chill)な過ごし方

「友人と行くのもいいけど、1人でダイビング旅行もしてみたい!」というマインドになってもらえると嬉しいです!

kazu
kazu

1人ダイビング旅行は、「寂しさ」を楽しむもの

kazu
kazu
プロぼっちダイバー
Profile
◆PADIダイブマスター(プロのライセンス)/一人でダイビングを始めて3年(2023年8月まで)で136本/1995年東京生まれ ◆情報弱者になりやすい初心者ぼっちダイバーの方々に、ダイビングに関する正確でお得な情報を、第3者目線(客目線)でわかりやすくまとめて提供します ◆一人ぼっちでも、ダイビングを【一瞬】ではなく【一生】の趣味にしてほしいと考え、ダイビング旅行ブログ「うみたび。」を開設。
プロフィールを読む

旅行先での、ダイビング以外の「1人の過ごし方」をまとめてみた

ダイビング以外の「1人の過ごし方」は以下の通り。

ダイビング以外の「1人の過ごし方」

①ホテル周辺を散歩する
②海をゆったり眺める
③居酒屋でご飯とお酒を楽しむ
④ダイビング中に撮った写真を見返す
⑤星空観察
⑥ホテルでゆったり過ごす

順にお話しますね。

①ホテル周辺を散歩する

これは元気があればでいいですが、ホテル周辺を散歩するのがおすすめ。

kazu
kazu

近場の観光スポットまで歩くのもおすすめ!

ボクはダイビング後、ホテルに荷物を置いたら近場の観光スポットや近くの海まで散歩することが多いですね。

理由としては、普段とは異なる環境で散歩することで頭の中が整理してスッキリするからです。

実際に脳科学の研究で、散歩すると心の健康を増幅させることが報告されています(引用元はこちら→ナイキ公式サイト)。

ダイビングで疲れた後にベッドでごろごろするのも良いですが、散歩した方が次の日に疲れを引きずらないのでおすすめですよ。

②海をゆったり眺める

海を眺めるのが一番おすすめ。

時間があれば、夕方か早朝の人が少ない時間に訪れてみてください。ビーチによっては日の出、夕日をバックに眺められます!


↑こんな景色を見ながら、散歩できますよ。(久米島で撮影)

ただただ海をぼんやり眺めているだけですが、この時間だけ何も考えずに済むんですよね

kazu
kazu

ボクが「海を眺める」のが好きな理由です

会社員として働いていると、仕事や人間関係のことで頭の中が「もやもや、ごちゃごちゃ」してしまいます。

仕事をしてると常に「何か」に追われたり、考え事をしてしまいますよね…

しかし海を眺めていると、そんな「もやもや、ごちゃごちゃ」がポン!っとどこかへ吹っ飛んでしまいます。

今まで悩んでいたことや考えてたことがちっぽけに感じ、急にバカバカしくなります。

海の壮大さか、神秘的な何かがあるのかわかりませんが、海には人の悩みを吹き飛ばす能力を秘めているのでは?そう考えてしまいますね。

せっかくダイビングしに海まで来ているのなら、海を眺めながらぼーっとしてみませんか?

③居酒屋でご飯とお酒を楽しむ


↑久米島の居酒屋(海坊主)

ダイビング後のご飯はめちゃくちゃ楽しみですよね。

ダイビングはエネルギーをたくさん消費するスポーツなので、終わった後はめちゃくちゃお腹がすくし、喉もカラカラに乾きます。

こんな状態で地元の新鮮な海鮮を食べながら、キンキンに冷えたビールを飲むのが一番シビれますよね!(笑)

kazu
kazu

海近くで食べる海鮮はとても新鮮でおいしい!
ビールと合わないはずがない!

ここでスムーズに夕飯を食べたいなら、あらかじめお店を予約するのがおすすめです。

海近くのホテルに泊まっている場合、周りに居酒屋が少なく「満席」になりやすいですよ!

特に沖縄の離島にある居酒屋は当日電話しても「満席」と言われることが多い!

さがすのが面倒なら、ご飯付きのホテルに泊まることをおすすめします。

④ダイビング中に撮った写真を見返す

ダイビング後に、撮った写真を見返すのも楽しみの1つですね。

水中写真を見返すのは、フォトダイバーの1番の楽しみです!

ボクは居酒屋でお酒を飲みながら写真を整理して、至福の時間を過ごしていますよ。

ホテルでのんびり動画を見ながら、写真編集するのもおすすめ。

「この写真きれいに撮れたな!」とか「あまりよく撮れなかったから明日リベンジしよう!」など、明日のダイビングに向けての反省会もします。

水中カメラを持っている人は、写真を見返しながらのんびり過ごしてはいかがでしょうか。

⑤星空観察

海近くのホテルに泊まるなら、天気がいい日に星を見に行くのがおすすめ。

伊豆や沖縄など、周りに街灯が少ない場所は星がめちゃくちゃ綺麗です。


↑久米島のイーフビーチで撮影した写真

街中に住んでいたら滅多に見れないような、こんな星空を堪能できますよ。

ちなみに、この写真はiPhone12で撮影しましたが、意外ときれいに写りました。

東京では絶対見れない天の川が見れるかも!

レジャーシートを持ってくれば、砂浜に寝転がりながら星空を堪能できるのでおすすめです。

長い時間かけてはるばる海までやってきているのなら、星空観賞もしないともったいないですよ!

⑥ホテルでゆったり過ごす

ダイビング後はなにもせず、ホテルでゆったり過ごすのも一興ですね。

ボクはお酒飲みながらyoutubeamazon primeで動画みてごろごろしたり、本を読んだりしてます。

あと、たまにブログを書いたりしてますよ。

いつもと違う場所だと、結構捗るんですよね。

ホテルでのんびり過ごしたいなら、少し贅沢してお高くて良いホテルに泊まるのおすすめ。

内装がとてもきれいで清潔な部屋で快適に過ごしたり、ホテル併設の温泉やマッサージ、バーを利用して過ごすのもおすすめですよ。

【1人旅行は寂しさを楽しむもの】1人でしか味わえない魅力があります

ダイビング以外の過ごし方は理解したが、それでも友達と一緒に行った方が楽しくない?

友人との旅行も楽しいですが、1人旅行でしか味わえない魅力がありますよ!

1人旅行の魅力は主に5つあります。

1人旅行の魅力5つ

①相手に気を遣わない
②自分の行きたいとこに行ける
③自分の好きな日程で行ける
④「1人の時間」が作れる
⑤自分に自信がつく

1人でダイビングするのは寂しいと感じるかもしれませんが、1人でしか味わえない魅力がありますよ!

詳しくはこちらの記事でお話してますので、ご参考に↓

あわせて読みたい
【ぼっちダイバーが教える】1人旅をおすすめする理由5選
【ぼっちダイバーが教える】1人旅をおすすめする理由5選

【まとめ】好きなことをして、1人の時間を楽しもう!

今回は、「ダイビング以外の過ごし方を解説」について書きました。

ダイビング以外の「1人の過ごし方」

①ホテル周辺を散歩する
②海をゆったり眺める
③居酒屋でご飯とお酒を楽しむ
④ダイビング中に撮った写真を見返す
⑤星空観察
⑥ホテルでゆったり過ごす

他にも「こんな楽しみ方もあるよ!」という意見がございましたら、コメントを頂けると助かります。

ボクが参考にしたいだけですが(笑)

以上が参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
kazu
kazu
プロぼっちダイバー
◆PADIダイブマスター(プロのライセンス)/一人でダイビングを始めて3年(2023年8月まで)で136本/1995年東京生まれ ◆情報弱者になりやすい初心者ぼっちダイバーの方々に、ダイビングに関する正確でお得な情報を、第3者目線(客目線)でわかりやすくまとめて提供します ◆一人ぼっちでも、ダイビングを【一瞬】ではなく【一生】の趣味にしてほしいと考え、ダイビング旅行ブログ「うみたび。」を開設。
記事URLをコピーしました