ぼっち日記

本州最南端にある『串本』の海をご案内します!【串本3日目】

kazu(かず)

こんにちは!kazuです!

串本生活3日目も2日目と変わらず、本州最南端『串本』の海にダイビングしていきます!

3日目に潜るポイントは『沖の吉右衛門』『住崎エビ根』『塔の沖』です!

ダイビング経験者でも、ダイビングしたことない人でも楽しめるような記事となっていますので、是非立ち止まって読んでいただけると嬉しいです!

また、最後には串本グルメ(ご飯情報)も載せておりますので、串本にいらした方は是非参考にしていただければ幸いです!

前回の記事はこちらから↓↓

【2023ゴールデンウイーク】3泊4日串本ダイビング旅行(3日目)

お世話になるダイビングショップ様『マリンステージ串本店』

マリンステージ串本店

本日も変わらず、『マリンステージ串本店』様にお世話になります。

本日のお天気


↑『マリンステージ串本店』の向かいにあるビーチ

3日目も風が若干吹いていましたが、空は雲1つもない気持ちの良いお天気でした!

絶好のダイビング日和ですね!

お昼休みも外のベンチでくつろぐのも、とてもよきでした◎

ボートからの景色も天気が良くてとても綺麗!

移動中の景色を楽しむのもボートダイビングの魅力の1つかと思っています。

1本目ポイント『沖の吉右衛門

早速、海の世界へ参りましょう。

2日目の1本目ポイントは『沖の吉右衛門』。

港からボートで約15分から20分の場所にある外海のポイントです。

トップが既に水深27mで、水底になると何と水深45m

水深45mはどんなプロのダイバーでも行けない領域ですね(笑)

そんな深場のポイントを潜っていきます。


↑ダイバーがいるところでもう水深28mくらいかな(撮影/kazu_anemone12)


↑穴にアマミスズメダイの群れがいますね(撮影/kazu_anemone12)


↑ウミウシの中でも代表的なアオウミウシ(撮影/kazu_anemone12)


↑ゾウゲイロウミウシ(撮影/kazu_anemone12)

南国でよく見かけるウミウシ。白がとても綺麗!


↑イボウミウシの1種で、フリエリイボウミウシ(撮影/kazu_anemone12)

これも沖縄とかで見られるイボウミウシです。

本州の海なのに南国の生き物が見れるのも串本の魅力の1つですね。


↑ナミマツカサの群れ(撮影/kazu_anemone12)

目がクリクリしてて、おっきくて、しっかりストロボの光を当てれば綺麗な赤色になります。


↑白化したイソギンチャクに住むクマノミ(撮影/kazu_anemone12)

クマノミくんもこっちに目を向けてくれて個人的に一番綺麗に撮れたかな?

イソギンチャクの白も綺麗で写真映えしていますが、このイソギンチャクは高水温の影響で白化したものとのこと。

何も知らない人(kazuも初知り)からしたら、「真っ白でとても綺麗!」となるが、地球温暖化の影響で死滅しかけていると考えるとちょっと複雑…

ただ、白化したらすぐに死んでしまう訳ではなく、徐々に元の状態に戻っていくものが多く見受けられるみたいで少し安心しました!

2本目ポイント『住崎エビ根』

2本目のポイントは『住崎エビ根』です。

この場所は魚影も多く、どちらかというとワイドの写真が多めかなと思います。

また、5月5日が「こどもの日」ということで、

期間限定(2023年4月27日~5月8日)で海の中を泳ぐ「こいのぼり」が登場します!

毎年この期間で設置されているとのことです。


↑『住崎エビ根』に期間限定で設置されているこいのぼり(撮影/kazu_anemone12)

ダイバーよりデカいので急に出てくるとかなりびっくりします(笑)

何体もいますので、迫力満載です。


↑マツカサウオ(撮影/kazu_anemone12)

エントリーしてすぐ真下の岩の下に隠れていました。


↑おや、撮ってほしそうなウミウシがいますね(撮影/kazu_anemone12)


↑せっかくなので、ドアップで取ってやりました(撮影/kazu_anemone12)

テヌウニシキウミウシですね。


↑交配するウミウシ(撮影/kazu_anemone12)

調べても、これ何ウミウシか分からなかったんですよね(笑)


↑テングダイ2体発見!(撮影/kazu_anemone12)

めちゃくちゃデカいんですよね。

目も大きくてかわいいのですが、「うーっ」て言ってそうなおちょぼ口もキュートです(笑)

てかテングダイって2匹セットで見ることが多いのですが、そういう習性があるのですかね。


↑岩で皆で仲良くお休みするホウライヒメジ(撮影/kazu_anemone12)


↑ここでも皆同じ方向を向いて休んでいますね(撮影/kazu_anemone12)


↑ミナミゴンべ(撮影/kazu_anemone12)

フラッシュを当てると目がエメラルドのように光るので綺麗です。


↑フサカサゴがサンゴに擬態して隠れていますね(撮影/kazu_anemone12)

今回はマクロ多めでしたね。

3本目ポイント『塔の沖』

こちらも外海のポイント『塔の沖』


↑クジャクケヤリが沢山!(撮影/kazu_anemone12)

どこを見回してもクジャクケヤリが沢山生えていました。


↑綺麗なオレンジのアライソコケギンポ(撮影/kazu_anemone12)


↑口が半開きなマツバギンポ(撮影/kazu_anemone12)

これは綺麗に撮れた写真の1つです!

とてもかわいい!

ギンポ系はおとなしく撮られてくれるので結構好きなんですよね。

カメラ近づかせすぎると怒って噛みついてくるけど(笑)


↑よーく見るとカクレエビが!(撮影/kazu_anemone12)

ガイドさんに指さされたので撮ったのですが、最初全然どこにいるか分からなくて苦戦しました(笑)


↑オキゴンべ(撮影/kazu_anemone12)

2日間串本に潜って思ったのが、どこ潜ってもゴンべ系がそこらへんに沢山いたんですよね。

串本はゴンべ好きにはたまらない海なのかもしれません。

本日のご飯『居酒屋 よしくに』


出典:南紀串本観光ガイド

今回は『居酒屋 よしくに』に行きました!

ここも海鮮が美味しいお店です!

今日も3本潜ってきたので喉カラカラでとてもお腹がすきました!

やはり海に潜った後の生ビールは最高ですね!

これを飲みたいがために潜ってると言っても過言ではありません!(笑)


キビナゴの唐揚げ

海で見たキビナゴをまさかここで食べれるとは。

そのまま食べてもおいしいし、レモンを絞って食べてもおいしいし、塩をつけてもおいしい。

もう、本当においしいんですよ(語彙力)

他にも鶏の唐揚げやタルタルソースが掛かったマグロカツもおいしくて、お酒がどんどん進みましたね(笑)

ごちそうさまでした!

店舗情報

店名 居酒屋 よしくに
お問い合わせ 090-3277-4492
交通手段 JRきのくに線串本駅から徒歩3分
営業時間 17:30~22:00
(都合により変動する可能性あり)
定休日 日曜日
(都合により変動する可能性あり)
予算 3000円~4000円

 

次は串本ダイビング旅行最終日です!

あっという間で寂しいですが、4日目の記事も見ていただけると幸いです。

ありがとうございました!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
kazu
kazu
プロぼっちダイバー
◆PADIダイブマスター(プロのライセンス)/一人でダイビングを始めて3年(2023年8月まで)で136本/1995年東京生まれ ◆情報弱者になりやすい初心者ぼっちダイバーの方々に、ダイビングに関する正確でお得な情報を、第3者目線(客目線)でわかりやすくまとめて提供します ◆一人ぼっちでも、ダイビングを【一瞬】ではなく【一生】の趣味にしてほしいと考え、ダイビング旅行ブログ「うみたび。」を開設。
記事URLをコピーしました