ダイビングの始め方

沖縄でダイビングライセンスを取るのはもったいない3つの理由は?

kazu(かず)

こんにちは。「プロぼっちダイバー」kazu(@kazu_anemone12)です。

  • ダイビングに興味があったので、沖縄でライセンス取ろうかと考えています!
  • せっかくダイビングライセンスを取るのだから、綺麗な海のある沖縄で取るべき!

これからダイビングライセンスを取る人で、こんな人が多いです。

そう考えている皆様へ率直に言います。

「とてももったいない!!」

理由は、以下の通り。

もったいない理由【3つ】
  • 綺麗な海を楽しむよりストレスが勝ってしまう可能性がある
  • 沖縄の有名で綺麗な海のスポットに行けないことが多い
  • 海に潜っても初日は水深5~6mの浅瀬で練習して終わってしまう

沖縄の綺麗な海で取りたい気持ちはわかります。

せっかくダイビングライセンスを取るのだから、記念として綺麗な海で取りたいという気持ちはとてもと~てもわかりますよ。

ですが、まだダイビングに慣れていない状態で沖縄に行くより、伊豆などの海でダイビングライセンスを取ってから行った方が数倍楽しめます。

そこで今回は、「沖縄でダイビングライセンスを取るのはもったいない3つの理由」についてお話していきますね。

この記事で
わかること
  • 沖縄でダイビングライセンスを取らない方が良い理由は?
  • 沖縄の海を最大限に楽しむには?
  • より沖縄の海を堪能するには?
ダイビングライセンスを取得しよう!
cカードを持っていない人はこちら!
お試しでダイビングしてみたい人はこちら!
kazu
kazu
プロぼっちダイバー
Profile
◆PADIダイブマスター(プロのライセンス)/一人でダイビングを始めて3年(2023年8月まで)で136本/1995年東京生まれ ◆情報弱者になりやすい初心者ぼっちダイバーの方々に、ダイビングに関する正確でお得な情報を、第3者目線(客目線)でわかりやすくまとめて提供します ◆一人ぼっちでも、ダイビングを【一瞬】ではなく【一生】の趣味にしてほしいと考え、ダイビング旅行ブログ「うみたび。」を開設。
プロフィールを読む

もったいない3つの理由

沖縄でダイビングライセンスを取得するのがもったいない理由は、以下の通り。

もったいない理由【3つ】
  • 綺麗な海を楽しむよりストレスが勝ってしまう可能性がある
  • 沖縄の有名で綺麗な海のスポットに行けないことが多い
  • 海に潜っても初日は水深5~6mの浅瀬で練習して終わってしまう

順にお話していきますね。

1.綺麗な海を楽しむよりストレスが勝ってしまう可能性がある

初めてダイビングすると、以下のようなストレスを感じます。

  • 水中でうまく耳抜きできない
  • 海の中で身動きを取るのが思ったより難しく、うまくコントロールできない
  • 沖縄ではボートダイビングがほとんどなので海に潜る前に船酔いしてしまう

上記以外にも、実際やってみて「不安要素」や「ストレス」を感じてしまう場面は多く遭遇します。

kazu
kazu

実際にボクもオープンウォーター取得時、

  • 耳抜きがうまくできない
  • 波酔いしてダイビングに集中できなかった
  • 20㎏以上ある器材を背負って動き回るのが大変だった

上記の理由から、海を十分に楽しめなかった場面はありました。

なので、せっかく時間を作って高いお金を払って沖縄まで行ったのに、「不安やストレスで十分に海を堪能できない!」となってはとてももったいない!

ダイビング初心者はストレスを多く感じやすいので、せっかくの綺麗な海を存分に楽しむことができない

2.沖縄の「本当に有名で綺麗なスポット」に連れてってくれない!?

沖縄の海は透明度が高く、砂が白いのでめちゃくちゃ綺麗と感じるかと思います。

中にはあたり一面サンゴ礁で海の透明度も抜群なスポット(西表島の「シークレットガーデン」など)や、あっと驚くようなダイナミックな地形や洞窟が探検できるような有名なスポット(宮古島の「魔王の宮殿」など)もあります。

しかし、オープンウォーターダイバー取りたての人やライセンスを取得するために沖縄にダイビングしにきた人には有名で綺麗なスポットに連れてってくれない可能性が高いです。(もちろん、場所にもよりますが)

初心者ダイバーは中性浮力が上手くできない人が多いので、沈みすぎてサンゴを潰してしまったり、砂をまき散らして透明度が悪くなってしまう恐れがあるからです。

特にサンゴ礁の多いスポットは行かせてもらえないと思います。

また、有名なスポットの多くは水深18mより深い場合が多いのでオープンウォーターダイバーでは連れていくことができない場合もあります。洞窟のスポットは18mより深いことが多いです。

なので、ダイビングショップ側も上記のようなリスクを恐れて、ライセンス講習に来た人や初心者の人には何があっても大丈夫な場所に連れて行こうと考える訳です。

もちろん、初心者向けのスポットでも本州の海と比べたら圧倒的に綺麗なんですけどね(笑)

沖縄の海って本っ当に綺麗で居心地良いよ!!

ただ、せっかくダイビング始めて沖縄に行くなら「本当に有名で綺麗なスポット」に行ってみてほしいです。

沖縄の「本当に有名で綺麗なスポット」に行くには経験とオープンウォーターダイバー以上のステップアップが必要

3.講習中は、海に潜っても初日は水深5~6mの浅瀬で練習して終わってしまうため

ボクがオープンウォーターダイバーライセンスを伊豆で取得した時は「最低4日間」掛かりました。

内訳は以下の通りです。

学科講習:1日
プール講習:1日
海洋実習:2日

ただ、沖縄でライセンスを取るとなると場所によって最短で2日で取れるみたいですね!

学科講習:予め教材を予習、eラーニング(スマホやパソコンで学習)などで遠方でも学科講習を学習する
海洋実習:2日で穏やかな浅場と深場でダイビング講習(これも)

ていうタイムスケジュールになるかと思います。

ここでのもったいないポイントは「講習だけで大半の時間が潰れてしまう」ことです!

どういうことかというと、ダイビング講習ではスキル練習を行います。
例えば、水中でのマスク脱着やレギュレーターが口から離れてしまったときの対処法などのダイビングスキルがちゃんと水中でできるかどうかをインストラクターに評価されます。

本当は「綺麗な海をもっと冒険したい!」という時に、浅場で1つの場所に留まってひたすらダイビングスキルを行うのはとてもじれったい気持ちになります。

講習の最後にインストラクターに案内されて自由に泳ぎ回れる時間はあるのですが、逆に言うとその時間しか自由に泳げないのです。

もし、休みを1週間取れるならライセンス取得後にもう何日か潜れますが、せっかく休みを作って沖縄に行くなら講習の2日間も丸ごと自由に海を堪能したいものですよね。

せっかくの「沖縄の海」を自由に泳げず、講習だけで終えてしまうことも

沖縄の海を最大限に楽しむには?

それじゃあ、沖縄の海を最大限に楽しむには何をすればよいの?

と考えたあなたへ。

「沖縄を最大限に楽しむには何をどこまでやれば良いか」を以下に解説していきますね。

1.自分の住まいから比較的行きやすい海、ダイビングショップを選んでライセンスを取る

例えば関東なら静岡県の東伊豆や神奈川県の葉山、関西であれば和歌山県の串本など。

自分の今住んでいる場所から行きやすい海やダイビングショップを選んでライセンスを取ると良いかと思います。

近場の海を選ぶメリットは?
手軽に参加出来るところかと思います。日程も仕事に合わせて組めたり、体調不良の場合や天候不良の場合も調整しやすいからですね!

理想としては、海まで日帰りで行って帰れる距離が良いかなと思います。まあ、海に1泊して帰る人も全然多いので、あくまでベストの話です!

ここなら行きやすいなと思う海やダイビングショップを選ぶと良いかと思います。

そこで経験をある程度積んでから沖縄に行けると快適に潜れるかと思います。
何故経験を積んでからの方が良いのか、理由は次でご紹介します。

2.ライセンス取得後も何本か潜って自分に自信を持たせる

いくらライセンスを取得できたとしても、ダイビングをする上でスキルや海へのエントリー方法など、色々な不安要素が出てきて、それがストレスになってしまうことがあります。

ではどうすれば解消できるかというと、やはり場数を踏むしかないのです。

そうすれば自分はどんな時にストレスを感じるのか、不安を抱いているのかを把握することができ、その対策を講じることができます。

また、ファンダイビングに何回か参加して、ダイビングをする上での不安要素をインストラクターに聞いてアドバイスをもらうのが一番良いかと思います。

大体の悩みはインストラクターも最初の頃に感じてた悩みである事が多いので、こんな時はこうしたら良い!という対策方法を教えてもらいやすいです。

ボクもライセンス取りたてのピヨピヨダイバーの時、耳抜きが上手くできないことをインストラクターに聞いたら、「鼻をつまみながら唾や空気を飲むと良い」とのアドバイスを頂いて試したところ、上手く耳抜きができるようになりました。

このように、沖縄の海をストレスフリーで潜りたいのであれば、まずは慣れた海で何本かダイビングしてダイビングスキルを磨いたり、ある程度ダイビングすること自体に慣れておくとよいかと思います。

最低でも合計10本以上経験してから行けると良いですね。

3.アドバンスオープンウォーターダイバーを取得する

オープンウォーターダイバーを取得後は、ステップアップとしてアドバンスオープンウォーターダイバーに挑戦することが出来ます。

初級コースから中級コースにチャレンジできるということですね!

アドバンスオープンウォーターダイバーを取得することができれば、水深40mまで潜る事が可能になります。

沖縄の綺麗なスポットの大半は水深18mより深い場合が多いので、アドバンスオープンウォーターダイバーまで取れると行けるスポットが増えて楽しめる幅が広がるのかなと思います。

アドバンスオープンウォーターダイバーの1個上、レスキューダイバー以上であれば沖縄以外でも基本的にどこでも潜れると思います。

まとめ

今回は何故沖縄でライセンスを取るのがもったいないのかを3つ紹介してきました。

Q.何故沖縄でライセンスを取るのがもったいないのか?
1.初めはダイビングをすることへのストレスが勝ってしまい、綺麗な海をうまく楽しめない可能性があるから
2.初心者を沖縄の有名で綺麗なダイビングスポットに連れていくのが難しいから
3.講習中は海に潜っても、初日は水深5~6mの浅場で練習して終わってしまうから

その後に、沖縄の海を最大限に楽しむにはどうすればよいかを3つ紹介しました。

Q.沖縄の海を最大限に楽しむには?
1.自分の住まいから比較的行きやすい海、ダイビングショップを選び、ライセンスを取る
2.ライセンスを取った後も何本か同じ海に潜って、自分に自信を持たせる
3.アドバンスオープンウォーターダイバー以上のランクまで取得する

これからダイビングライセンスを取りにいく人は、海の中では「生まれたての小鹿」です。

それだけ初めは海の中で自由に泳ぐのは難しく、海への理解や経験が必要。

しかし、経験を積めば自分が思うままに泳ぎ回れることができますよ。

せっかく沖縄の海に行くなら自由に色んな場所で潜ってみたいですもんね!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
kazu
kazu
プロぼっちダイバー
◆PADIダイブマスター(プロのライセンス)/一人でダイビングを始めて3年(2023年8月まで)で136本/1995年東京生まれ ◆情報弱者になりやすい初心者ぼっちダイバーの方々に、ダイビングに関する正確でお得な情報を、第3者目線(客目線)でわかりやすくまとめて提供します ◆一人ぼっちでも、ダイビングを【一瞬】ではなく【一生】の趣味にしてほしいと考え、ダイビング旅行ブログ「うみたび。」を開設。
記事URLをコピーしました